2012年5月 林さんちの専務の徒然日記「な~んも専務のひとり言」
2012年05月31日

17年間愛用してきたコイン精米機一号機の撤収作業開始、ユニックにつられる、

機能的にまったく問題ない精米機なのですが、このまま鉄クズ屋へ行きクシャ!

かせぐだけ稼がせて、誰も使わんようになったら用済み!なんて言うか~(仕方が無い)

2012coinlast.jpg

ユニックに運ばれ、精米機あとに残ったゴミを掃除してると百円玉2個発見、(さびさび)

精米機は、長年手入れしてありがとう、と、ご褒美に200円私にくれたのだろうか?(たった200円かい!)

IMGP5207.JPG

ちなみに錆びたコインは「酸が効く酸が効くサンポール」に浸けて綺麗になりました、

(錆びた物はサンポール浸けすると綺麗になります)

2012年05月30日

さぁ、最後の区画です、もうゴールはもうまじか!

500枚あまりの田んぼ、あと2~3枚です、

だがここで問題発生!

IMGP5191.JPG

昨日からどうもカグラモチの苗が足りないような感じでした、

残りの田んぼの面積を計算してみると、ほとんど苗のアドバンテージがない、(ヤバいかも~)

残りあと田んぼ7枚まできてやっぱり苗が足りない、

苗が無くなれば田植え作業は中止です、

そこで奥の手、株間を広げて苗をかせぐ方法です、(植え付け苗を減らすと欠株が起きやすい、)

通常カグラモチの株間設定は60株、それを最大幅45株に設定、(これでいけるだろう)

最後に残った苗は一箱程度、もうギリギリです、

カグラモチ2300箱分、最後の残りはたった一箱、

まぁ、最後に辻褄を合わすのも技術です!

原因としては今年新しく導入した機械がどうも苗を食う傾向があるようです、(余裕を持って苗の面積計算)

と、なんだかんだと今年の田植えもすべて終わりました、

IMGP5193.JPG

そして17年間営業してきたコイン精米機1号機、今日が最後で店じまいします、(最後のお勤め)

17年間、稼働時間7800時間、まだまだ使える精米機ですが・・・

はぁ~もったいない、これも時代の流れですか!

さぁ、気持ちを切りかえ(過去は忘れる)、いよいよ最新式コイン精米機の導入です、

IMGP5199.JPG

2012年05月29日

ゴール(田植え終了)を目指しているんだが、なんだかんだと足踏み状態、

田植機の不具合、天候、職場研修、などなど、(なんかみょーに疲れる)

まぁ、最後の田植え、明日は天気良さそうだし楽しみながらやわやわ~っと!

 

 

2012年05月27日

夕方、田んぼ水回り(水管理)に行く、

いつもの愛車ホンダDAXスペシャルで農道を走り回る、

公道に出てカーブを曲がるとケツあたり(リアタイヤ)がなぁ~んか違和感を感じる、

パンク?一度バイクを止めてタイヤを見ると見事にRピンが突き刺さってる、

空気が抜ける前にそそくさと会社に戻る、

IMGP5179.JPG

実は昨日も苗運搬車5号車(軽トラ)がパンク、そして今日はDAX、

他にもプチトラブルがある、

新型田植機のアクセルワイヤーのトラブル(もう切れかけ)、至急部品の手配をと思ったがJAもメーカーもお休み、

まぁ、どうしょうもないので切れるまで行くところまで行くつもり、(田植えもあと二日分)

苗運搬車5号車(軽トラ)のウインカーの不具合、

もう田植えも二日分と言うのに、ここに来てバタバタと続く、

さぁ、田植えもあと二日分、なんだかんだと終えることでしょう!

IMGP5184.JPG

タイヤとリムを外して、チューブにパンク修理パッチ貼り付けて、空気漏れないか水につけて・・・・

バイク修理は好きなんですが、さすがに今日は想定外の出来事、

今日は早く家帰るつもりだったので、タイヤの取り付けは明日ですわ、(もう外暗いし) 

2012年05月23日

ミルキークィーン、田植え開始!

トラクター代かきより、やっぱ田植機で田植えの方が楽しい~

代かきはトラクターでひたすらクルクル、目が回る!

2012年05月21日

今日の話題と言えばやっぱ金環日食っしょ~

っうことで、電気溶接用お面のスモークガラスを使い観測、(撮影)

さすがに回りはちょっと暗くなり涼しくなりました、

じつはもう少し期待(大きな変化)してましたが、ほんで終わりかい!てな感じ、(なんか劇的な・・・)

IMGP5170.JPG

それはそうと、私は好奇心が強い方で興味がありましたが、

中にはまったく興味を示さない人もいる、(何が起きようと関係ないというような感じ)

まぁ、確かに太陽の前に月が通り抜けただけなんですが・・・

好奇心は脳みそを刺激し活性化してとても良いことらしい、

 

 

2012年05月19日

幼稚園、小学校、田植え体験で使うわく(ころがし)です、

これを田んぼに転がし、その上に苗を植えます、

IMGP5140.JPG

幼稚園、小学校、田植え体験が連日続くようなので軽トラにワクを乗せたままで代かき作業に出かけます、

交差点で信号待ちで停止してると、他の車の人に指差されることがあります、(何のせてんの?)

ちょっと恥ずかしいが、これってけっこう宣伝効果あるかも!

「林さんちの美味しいお米!」なんて貼り付けて・・・ちなみに私は運転しませんが!(^_^;)、(スタッフに走らせる)

まぁ、なんでもいいが、うん百万円もする最新式田植機、そして、この古いワク、(私は生まれていない古いしなもの)

とってもミスマッチな光景、みょーに面白い!

2012sirotaue2.jpg

ワクを田んぼに転がし、しるしを付けます、

2012年05月18日

さぁ、今日から本格的に後半戦の田植え準備、代かき開始です!

まずはミルキークィーンの田んぼから、(これが終わるとカグラモチ)

ミルキーにも2種類の仕様がありまして、化学肥料仕様、有機肥料仕様とあります、

有機肥料仕様の田んぼにはカルス菌を散布、

カルス菌は、籾殻やワラを分解して「土中堆肥化」してくれます、

とってもモチモチっとした今の時代に合った食感が楽しめます!

 

と、言うことでトラクター2台、エンジン全開で代かき作業です、

2012sirokaki518.jpg

代かき作業では恐ろしく眠くなることがあります、(経験した人多いと思う)

なんて言うか麻酔か催眠術にかかったような感じになります、(普段の生活であそこまで眠くなることはない)

天気のいい日、水面が太陽の光でチラつき、微妙な波、波音、トラクターの振動、音、車内の温度がマッチすると起きる、(とくに昼飯後)

もうこうなったら足をバタバタさせたり、ラジオのボリュームを上げたり、大声で歌ったりしてます、

ピークを過ぎると眠気は終わりますが・・・

私が知っている農家さんで思わず寝てしまい、畦を越して用水に落っこちた人もいます、(怪我はなし)

気を付けて安全運転で作業したいと思います!

2012年05月17日

朝、いきなりカミナリが鳴り出し、雨がザァー!

こりゃ、中止か、と思われたが通り雨でした、

それにしても今年はこのような天気が多いような気がする、(温暖化?)

と、言うことで、紙マルチ田植え二日目開始です、(午前中で終了)

 

動画

 

田植え最中にブザーが鳴り紙ロールが切れたらサイドに予備の紙ロールを投入します、 

ロール一つもかなり重い、チームワークで素早く交換し、すぐに田植え再開します、

 

ちなみにこの紙ロールは6条田植機の幅、長さは170mです、10アール辺り3.3本使用、

紙ロールにも種類がありまして、薄いタイプ、厚いタイプ、色も白、黒とあります、

これは田んぼの条件によって決めます、(うちは黒の薄いタイプです)

 2012kami5163.jpg

ようやくすべてのコシヒカリの田植え作業が終えました、

いよいよ後半戦、カグラモチの田植え作業、その前に代かき開始です、

もうここまで来れば後はひたすらゴールを目指すだけ、だせーモードです!(^_^;)

(毎年ながら気がついたら田植え終わってた、っう感じ)

 

おまけ!

毎年恒例の植え終えた紙マルチ田んぼの前で記念撮影、(喜びの米)

きっと田んぼの神様も喜んでいただけたことでしょう~、たぶん!ガハハハッ(^^;)

 

2012年05月16日

いよいよ今日は林さんちの田植えシーズンのメインイベント、紙マルチ式コシヒカリ(農薬を使わないコシヒカリ)です、

IMGP5105.JPG

苗を積んで、紙マルチを搭載し、いざ出陣!

IMGP5123.JPG

枕じの田植えはサイドカッター(ノコギリ状の円盤)、を出してタイヤが紙を踏んでも引っぱらないように紙を切りながら植えていきます、

IMGP5120.JPG

技術的にとにかく綺麗に紙をひくことなのですが、問題は風、

特に乾いた風が強いと紙の表面が乾き浮き上がります、(風でちぎれたりします)

補正しようと田んぼに入ると足跡で紙が破れそこから草が生えてきますから一度植えると中に入れない、

この紙マルチの田植えで一番の敵は風なのです、(紙が土に密着するまで風吹かんでくれよ~!)

2012年05月15日

前半戦の田植え作業も終え、今日はドロドロの田植機の洗車、点検整備、

後半の田植えに向けて準備します、

と、言うことで田んぼの品種、仕様により、田植機の施肥機の肥料調整、株間調整などなど行います、

 

肥料を入れるタンクです、だいたい45キロの肥料が入ります、

品種、仕様によって量が違います、だから田んぼによって違いますから忘れないように注意しなければいけない、(でも忘れる)

IMGP5096.JPG

問題の肥料調整ですが、これがけっこう操作がややこしく難しい、(理解すれば簡単なのですが)

自分が調整するのなら問題ないが、他の人が調整となると・・・

間違えて肥料量を調整すると大変なので基本的に自分が調整します、

IMGP5088.JPG

一応表を見て何箇所かの設定で肥料量を決めるのですが、どれかが違うと量が変わる、

ここら辺の調整は勘違いなどおきやすいのでもっとシンプルにしてもらいたいものです、

たとえばロッドで肥料のロールを回すのではなく、サーボモーターを使うとか、(インパネで調整)

調整量もグラム単位でなくて、もっとアバウトでもいいと思う、(構造をシンプルに)

それと分解掃除もかなりややこしい、(不慣れな人に触らせない)

トラクターに付ける施肥機(ライムソワー)のように簡単な構造でいいのではないでしょうか!

(上から水をぶっかけて丸洗い)

確かに精度は大事ですが、過剰な精度は逆に操作ミスがおきやすい、

以前は慣れた農家が機械を使いますが、今はあまり経験の無いスタッフ、普段ほとんど機械をほとんど触らないスタッフがいます、

機械好きの農家ならいいが、今では一般の人も特殊な機械を使いますからね!

IMGP5090.JPG

株間調整です、(一坪で植える本数)

ちなみにうちの設定は、コシヒカリ、ミルキー50株、早生品種カグラモチ60株です、

ここもけっこう頻繁に調整しなければいけないので要注意!

できればインパネとか見やすいところにレバーがあればいいのですが、(マットで隠れる)

IMGP5094.JPG

今日は雨で田植え中止、

田植えシーズン、なかなか中仕事ができなかったのでこの機会に行います、

IMGP5098.JPG

2012年05月14日

今日で、部分請負、早生品種(ハナエチゼン、ひとめぼれ)、有機肥料仕様のコシヒカリ、化学肥料仕様のコシヒカリ、が終わり、仕事的に一つの区切りが付きました、

いよいよ林さんちの田植えシーズンのメインイベント紙マルチ式コシヒカリの田植えです、

紙マルチ専用田植機で植えます、シーズンたった二日(13時間)しか稼働しないとってもスペシャルな機械、

さっそく明日から開始予定でしたが、明日はどうも雨らしい、(紙を使いますから、雨、風の強い日は中止)

まぁ、連日のちょー高速田植え作業で身体もキツいので、雨は丁度いいインターバルになりそうです、

身体を整えて紙マルチ田植えをしたいと思います、(普通の田植えと違うので慎重に紙をひきながら田植えします)

紙マルチが終われば後半戦の田植え準備が始まります、(代かき作業など)

まだまだ続く林さんちの田植えシーズンです!(5月一杯)

2012年05月13日

今日は現場はお休み、

何やら海環(金沢海側環状道路)がつながったようです、

途中、北陸自動車道路の白山インターもあるようで、さっそく走りに行く、

バイクで行こうか、と思ってましたが、さすがに連日のちょー高速田植えで肩から首が痛い、

と、言うことで愛車ホンダバモス(軽)で出動、(海環から白山インターで高速で乗り徳光パーキングでUターン)

これができれば気軽に能登方面にもツーリングが楽しめそうです、(内灘から車が混む)

 

白山インター近くを走っていると某農業法人さんが大きな田植機(8条)で田植えをしてました、

かなり遠いところまで田植えに来ている様子、(トラック移動?それとも自走?)

今日は天気がいいので仕事が進んだと思います、

2012年05月12日

田植え作業の方もようやく一つの区切りがつきそうである、

コシヒカリの田植えも会社の近くのエリアを残すのみ、

昨年より二日ばかり早いようです、

今年、導入した田植機は高速田植えができるので早く進んだのであろう

来週はいよいよ林さんちのメインイベント、紙マルチの田植えです、(農薬を使わないコシヒカリ)

 

まぁ、それよりこの頃の雨、しかも風が冷たい、寒くてかなわん!

来週は紙マルチ、天候が安定することを願うばかり、(雨、風に弱い紙を使いますから)

IMGP5084.JPG

向こうに見える塔はアンテナ塔です、かなり高い、一度は昇ってみたいものです、

かなりロケーション良さそう!(野々市市一望)

野々市市地区の田んぼの調査です(野々市市の自然を調査)、

とかなんとか適当に言えば許可もらえるかな!

2012年05月11日

今日は農薬を使わない紙マルチ式コシヒカリ(林さんちのちょー普通じゃないコシヒカリ)の代かきをします、

その前に、トラクターを一度、綺麗に洗います、なるべく他の田んぼの土を混ぜないようにしてます、

IMGP5082.JPG

農薬を使わない田んぼ、まったく農薬、化学肥料を使わなくても、どうしても水、土、などから外部から若干進入します、

限りなく混ざらないように心がけてます、

 

いっぽう田植えの方は順調に進んでますが、

さすがに今日は寒い、鼻水ズルズルしながらハンドルを回してました、

2012年05月10日

代かき専用ロータリー、ドライブハローの爪交換です、

爪が消耗して短くなると能率が落ちる、定期的に交換します、

いつもなら一人でやわやわ~っと交換するのですが、(シーズンオフとかに)

時間が無いので今日は二人で交換です、

インパクト、爪をはめ込む、ナットを付ける、締める、分業化で行う、

さすがに二人で作業すると早い、(ナスカーのタイヤ交換みたいな!)

いつもなら半日はかかるのに、IMGP5073.JPG

ドライブハローをトラクターから一旦取り外し、リフトで持ち上げ、身体の姿勢のいい状態で作業します、

楽に作業ができます、(特にドライブハローの爪は多い)

ただ、このやり方はあまりお勧めできません、危険だからです、

もしリフトで作業するのなら、回りの安全を確かめ、リフトのフォークに棒をカマし、絶対に下がらないようにします、

 

2012年05月09日

新品の植え付け部です、

5条田植機には10個の植え付け部が付いてます、

そのうち2個の植え付け部のプッシュロッドが動かない、

これが動かないとうまく苗を植え付けません、(バラつき)

そこで新品の植え付け部のアッセンブリ交換することにしました、(ユニットごと)

IMGP5050.JPG

この部分は全体的に中の部品が消耗していて、たとえ故障部分のパーツだけ交換してもあまりよくない、(全体的にガタガタ)

稼働時間的に考えて、(稼働時間500時間以上)

思い切ってユニット交換します、(その方が確実に直る)

IMGP5070.JPG

ただ、後でバラして見ると中のプッシュロッドを稼働してる小さな部品が完全に破損していました、(バラバラ)

本体、プッシュロッドもまだ使えそうな感じなので(消耗が少ない)この小さな部品を交換することにしました、

今回、植え付け部2か所も破損していたので、他の植え付け部もそろそろヤバそうな感じです、(時間の問題?)

一応、スペアーパーツとして保存します、

IMGP5056.JPG

ちょー高速で精度が高く、垂直に綺麗に植えてく田植機、じつわ驚異的なことなのです、

精度がとても高く、耐久性、防水性、メンテナンス性、そして低価格で一般の人でも使える凄い機械、

植え付け部一つ見ても人間工学に基ずいて作られてます、

たとえばこの植え付け部、ただ爪で苗を引っ掛けてクルクル回しているのではなく、

人間が手で田植えするときに指で苗をつまみ、手首をくねらせ親指を使い土に植え付ける、

これを機械がロッド、カム、ギアーなど使い2次元的な動きで人間と同じ動きをしているのです、、

(回転部、人間の手首、  爪、指先、  プッシュロッド、親指)

みなさん何気に使う田植機ですが、この技術は本当はとても凄いことなんですよ、(世界に誇れる日本の技術)

みなさん誇りをもって田植機を 使ってくださいね!(ちょー精密稲作農業日本!)

2012年05月07日

今日は第五回目種まきをした苗出し、これで苗出しは最後である、(ミルキー、カグラ、2500箱)

さすがに田植え時期の種まき、苗出しはせわしない、

まぁ、一つの山を越したっう感じ、

もう一つの山、紙マルチの種植えが控えてます、

2012kagura507.jpg

うまく芽が出て良かった!の一言、(この時期の種まきは気温が高いので気を使います)

2012年05月04日

今日は朝から雨、

雨でも田植えは出来ますが、雨の日はあまり田植えしたくないのが本音、

それより、カッパがあまり良くなかったのか、シートに水が溜まりカッパからしみ込んでくる、

もう完全にブルー、(田植機に乗るみなさん経験あると思います)

以前、ゴム製のしみ込まないカッパズボンを履いたらこんどはムレムレ、

雨の田植えはゴアテックスのいいカッパが欲しいところ!

IMGP5042.JPG

と、言うことで昼から2台の田植機を止めて種まき作業開始です、(カグラモチ、ミルキークィーン、2500箱)

動画で種まき風景を紹介します!

 

2012年05月02日

朝、今日の仕事をイメージします、

「今日はあそこまで田植えできるな~」、イメージと言うか目標みたいなものをたてる、

さぁ、今日も・・・・、田植機のエンジン全開、その矢先に携帯が・・・・、

部分請負の田植え担当のしゃちょー浩陽さんから「田植え機動かん!」と、一報、

現場に見に行くと田植機の横送りがまったく動かない、

部分請負は事前にお客様に「今日植えます」っと連絡をしてある、(田んぼで待っている)

急きょ、私が乗る田植機を部分請負の田んぼに運ぶ、(部分請負優先)

田植機を奪われた私は結局トラクターで代かき作業をすることになりました、(予定なかったのに~)

IMGP5007.JPG

農機センターで修理、

横送りシャフトのピンがポッキリと折れちゃいました!

いわば安全ピンみたいなもので何らかの原因で横送りシャフトに負荷がかかると折れる仕組み、

他の部品(ギヤーなど)を守るためです、今回はピンの金属疲労かな?(8年目の田植機)

2012taue5022.jpg

急きょ、こまきちゃん(農薬散布機)を搭載して部分請負のお客様の田んぼに向かう、(うちが管理する田んぼでは農薬散布機を使わない)

今回、新車を購入時にこまきちゃんのユニットを付けてあったのでこまきちゃん本体を田植機を付けるだけ、(付けておいて良かった)

昨年の田植機でしたら操作も性能もぜんぜん違うので、乗り替えは難しかったかもしれない、うまくいきました、

 

それと、イメージですが、なんか朝からいや~な予感がしてまして、一応トラクターの出動準備はしてありました、

「やっぱオレって天才!」っと自分で自分を高めてました、(^_^;)

誰も褒めてくれないしね、(そんなのお前の仕事やろ~っう感じです)

 

まぁ、なんでもいいが明日、朝一に直ればいいのですがね!(田植えはこれからですから)

2012年05月01日

田植機2台、

1台はうちが管理する田んぼの田植え、

もう1台は、部分請負(田植え委託)の田植え、

トラックに搭載して部分請負のお客様の田んぼを渡り歩きます、

機械の稼働率アップ、そしてきちょーな現金収入!

いっときしか使わないとっても高性能でちょー高価な産業用機械、出来るだけ使わんなんです!

IMGP5003.JPG

と、言うことでさすがに新車(NSU55SP2)です、高性能で田植え作業が早い、

おかげさんで本日の予定より多く仕事が進む、(天気もいいし)

進むのはいいが、狭い田んぼオペレーターが目が回る、(暑いし市街地で無風だし)