2013年7月 林さんちの専務の徒然日記「な~んも専務のひとり言」
2013年07月29日

今日は朝から強い雨です、

この雨の日(気温が低い)に乾燥機の点検を行います、(シツオカ精機、40石仕様4基)

まぁ、晴れの日でもできますが、天井近くでのい作業、乾燥機の中に入る、

とにかく暑くて集中して作業できません、(足場も悪いので危険)

以前、真夏日の気温の高い日に乾燥機の中に入ったところ、

暑さでちょっと身の危険を感じたことがあります、(安全第一ですね)

IMGP7905.JPG

この乾燥機は平成元年導入しました、(今年で25年目)

さすがにほとんどの消耗品は交換したり、籾の摩擦で穴が開いたところは板で塞ぐなどしてます、

ただ最近ではメーカー部品欠品が出てきてるので先がちょっと心配です、

IMGP7908.JPG

刈り取った籾を乾燥するときに使うバーナーです、

今日、試運転してみたところ、点火スイッチを入れてもスパークが出ません、(これだど火は付きません)

点火トランスの故障です、(ここは年月が経つと必ず故障します)

予備の点火トランスと交換して点火成功!

IMGP7912.JPG

そしていよいよ上部に上がります、足場も悪く、ホコリで滑りやすいので要注意、

タテコン、ハイコン、昇降機上部、粉じんモーター、そして乾燥機内部の拡散装置などなど点検、

IMGP7915.JPG

この狭い口から身体を入れて乾燥機の内部に入り込みます、

送風ファンを回し、ホコリ、熱などを取りながら中で作業します、

IMGP7918.JPG

拡散装置、このペラ(洗濯機の底にあるような)が回転して籾が山のようにならないように拡散します、

これが故障、ペラが籾ですり減ると、張り込み時に籾がペラにあたり故障します、

IMGP7921.JPG

ここでしっかりと整備すればシーズン中に慌てなくて済みます、

ただ機械も古く、いつ何時故障するか分かりませんが・・・!

今年もうまく稼働していいお米に仕上がるよう願うばかりです、

(ここは神頼みです、愛情込めて整備)

2013年07月28日

さぁ、今日もいつものショートツーリングコース!(白山山麓方面)
山に上がるにつれなんだか雲行きがあやしー(下界は天気良かったのに)
前方に真っ黒な雲の塊、(こりゃ~ぜったいにヤバい)
と、その瞬間、ザァーっ、しかもヒョウまで・・・(前見えん)
いそいそと撤収です!
なんだか最近天候が不安定ですなぁ~

IMGP7901.JPG

2013年07月27日

タミヤGP全日本選手権 福井県地方予選、

IMGP7893.JPG 
中学の頃からラジコン仲間だった、(バイク仲間でも)
友人が参加するということで見に行きました、(土曜日です)
かつて私もラジコンカーマニアーでした、(けっこうのめり込んでた)
今はこの世界から完全に足を洗いましたが・・・(約25年前に)
友人は今でも懲りずに続けてるようです、(そんなに楽しい?)
50オーバーのおっさん、(頭の毛が・・・)
反射神経、動体視力とか大丈夫なんですかね〜?(情熱も)
「継続は力なり」ですか!
それにしても「すっきやな〜」

IMGP7878.JPG

ピットは見てるだけでも目まいしそうな何やらごちゃごちゃしてます、
ケース一杯に部品の山(そんなにいる〜っ)お店開けそうです
この大会には6クラス(F1、ツーリングカーなど)あるようです、
と、言うことは彼は6台の車両持ち込み?
日程も土日と二日間の大会、
電動ラジコンカーの基本的な構造は以前とあまり変わらないが、
以前無かったものと言えば横方向のジャイロ?センサー(クラスによる)
リアが滑り出すとセンサーが反応してフロントステアで補正する?スグレモノ!
プロポもバンドが無くなり(デジタル化)無限、(何台でも同時走行可能)
いや〜っ、技術の進歩ですね〜

動画!

2013年07月26日

今のプロ農家さんに無くてはならないようなアイテム、色彩選別機です、(サタケ、ピカ選)

これでお米籾すり作業の最後の仕上げをします、(異物、色、虫食いなどなどこれで弾きます)

とっても重要なしなもの!

IMGP7868.JPG

このピカ選には3つのバケット昇降機がついてます、

このベルトがほころびが出てきて、切れ端などが軸にまき付いていました、

大事な最後の仕上げでこの糸などがお米の混入したら何のための色選か分かりません、

ここはもう無条件で交換です、

平成22年導入、3年使用で早々と交換(サタケさんよ~ちょっと早ね~)

まぁ、仕方が無い、(ほんと今の稲作経営はコストがかかります)

お米の外観的な問題なんですがね~、

ちなみにベルトだけ交換したかったのですが、バケット付きしか無く、(メーカー)

バケットには問題無いのですが、結局、アッセンブリー交換、(ベルトバケット付き)

いまどきチマチマと(時間をかけて)バケット取り換えする人いないのですかね~

(昔はベルトだけあったのに)

要するに交換時間(作業時間コスト)がかかりアッセンで交換した方が安いからでしょう!

(人件費の方が高い?)

IMGP7872.JPG

 

 

と、会社の横は只今下水道工事真っ最中!(暑い中ごくろさ~ん)

今日はこれがまた狭いところの難工事?(もっといいルートなかったんかい?)

IMGP7865.JPG

コンクリート厚、60cmを切って、ほじくるようだ、(ちょっと厚ね~)

切るって何で・・・?そこでこの巨大カッターの登場です、(これはでかい!)

こんな大きいカッターがあの狭い所に入るものか?(回転させる機械も入れなければいけないし)

自分の仕事そっちのけで興味心身、(私は好奇心旺盛なんです)

IMGP7863.JPG

いつもの現場監督に「難工事ですね~」と聞くと、「まぁ」と、軽く・・・

それより隣りの庭木がとても気になるようです、

ユンボーの排気ガスが葉っぱにあたり色が変色するとかなんとか!(こっちの方が難工事?)

そっちかい!

とにかく近隣には気を使ってるようです、

でも大事なライフラインですからみんなで協力したいものです、

2013年07月25日

昔のコンバインと今のコンバインの最大の違いは整備性だと思う

刈り取り部分、グレンタンク、脱穀部、ようどうバン、刈り取り部、など、

ほとんどワンタッチでオープンします、(掃除もとてもやり易い)

以前はまったくオープンしなく修理、部品の交換などはもう大変でした、(絶望的)

と、言うことでクボタERシリーズになると刈り取り部のフロント部分が簡単にオープンします、

これはとても便利です、短時間で部品交換などできます、

(簡単な工具でスピーディーに修理交換可能)

IMGP7853.JPG

刈り取り部で、けっこう重要な部品の一つ、トツキツキベルトです、(刈り取り刃の上に付いてます)

これが消耗してきたり柔軟性が無くなると、稲をしっかり中に送り込まず、

稲詰まりの原因にもなります、

最近のコンバインは高速刈り化してますので、(異常に早い!)

ちょっとでも引っ掛かるとガッチリ詰まってしまいます、(部品が破損したりもします)

刈り取り部で、あんがい重要な部品の一つです、

価格もそんなに高くないので定期的に早めに交換してます、

IMGP7859.JPG

機械の整備には慎重に作業を進めるのですが、(誤組み厳禁)

今日は暑さもあったのか、大事な部品にキズを付けてしまいました、(夜は暑くて寝れん)

「慎重さに欠けてる」今日はちょっと反省です!!

2013年07月24日

ここに来てあのクソ暑い夏はどこにいったのでしょうか?

(NHKデーター放送、週間天気情報見て)

この後の天気が気になるこの頃!

 

2013年07月23日

コンバイン(AR70)の足回りの整備も終わり、

いよいよ新品クローラーの取り付けです、(これがまた重いのなんの)

普段はスタッフ数人であのクソ重いクローラーを取り付けるのですが、(中腰で)

(汗びっしょり、しかも腰に負担がかかる)

ただ、今、スタッフは草取り、草刈り真っ最中、

彼らにも仕事の段取りっうものがある、

そこでなんとか一人で取り付けできないものかと・・・、

そこでリフトを使い、クローラーがたるまないように角材を使います、

これなら一人でもなんとか取り付けられます、(腰にもあまり負担がかからない)

IMGP7846.JPG

適当な長さ(ココが重要)に切った鉄の角材をカマせ~(クローラーがたるまないように)

リフトを使い、すっぽりとクローラーをはめ込みます、(けっこう難しいですが・・・)

IMGP7847.JPG

クローラーテンションを締め付け、ぜっみょーにクローラーを張ります、

(緩くても、張り過ぎてもダメ、クローラーが傷みます)

IMGP7852.JPG

やっぱ新品のクローラーは気分がいいわい!(^^)v

それにしてもえらい山があるなぁ~、(700時間使用で相当減ります)

2013年07月22日

コイン精米機の点検整備、(清掃)

コイン精米機の点検整備は日常的な点検と年2回実施する点検整備があります、

今日は半年ごとの点検整備です、

石抜き機、異物除去装置、精米ユニット、送風ファンユニットなど一度外して清掃します、

コイン精米機は整備と言うよりもヌカの付着を取るのがメインなんです、

各部分にアク、ヌカなどが付着してお米の流れが悪くなり精度が低下します、

これがけっこう付着するものでファンなどにはビッシリ付着してます、

これらを時間をかけて濡れ雑巾などでチマチマとふき取っていきます、

IMGP7830.JPG

ヌカの付着で精度が落ちる石抜き機ユニットです、

これがまた取りだすのが大変でして、(一番付着しやすいところなのに)

新型のコイン精米機ではカートリッジ式になっていて横から簡単に取り出せますが・・・

毎日でも掃除したいところなんです、

IMGP7827.JPG

このままでもヌカの除去はできますが、水洗いができません、

せっかく取り外すのだからやっぱり綺麗にしたい、(重要な部分だし)

そこでサーボーセンサーなどを取り外します、(あまり外したくないところですが)

IMGP7824.JPG

異物除去装置です、

アミがグルグルまわり異物(金属など)を強制的に除去します、

以前、使用してたコイン精米機ではこの装置が無く、金属(コイン)が精米ユニットに入り込み、

一発で精米ユニットが故障しました、(精米メッシュに穴が開く)

高回転で稼働する精米ユニットですからね~金属なんか入ったひにゃ~絶対に壊れます!

IMGP7829.JPG

2013年07月21日

温度計が32度!
ここから上に上るとだんだん涼しくなります、
トンネルなんかひんや~り、

暑いが米にゃいいわい、

って言うか~暑い夏が好き!

IMGP7796.JPG

と、言うことで、お米の穂が出そろいました、(早生品種ハナエチゼン)

盆明けそうそう稲刈り開始です!

IMGP7819.JPG

2013年07月20日

AR70コンバインの足回りのガタがどうも気になる、

せっかく新品のクローラーを取り付けるのだから、

ここは老体にムチ打って?思い切って修理です、(大仕事)

クソ重い足回りの取り外しです、(汗びっしょり)

これがまた小さなネジ4本抜き取ると外れる仕組み、

IMGP7792.JPG

キャスターを付けた付けた台に乗せ、本体からゴロゴロ引っぱり出します、

前後上下バランス良く引っぱりだすこと、コジると引っ掛かって抜けようとしない、(要注意です)

車体は、とても不安定な状態です、安全のためウマ、そしてジャッキ等で2重に本体を固定することです、

4tもある車体が転倒したひにゃ~「身の安全は自分で守るベシ!」(誰も守ってくれな~い)

IMGP7778.JPG

ライスセンターの中は暑いのでシャッターの前で作業、(風が涼しい~)

IMGP7787.JPG

問題のガタの発生場所、軸を抜き取り、アームを取りだします、

軸とアームのブッシュを交換します、

これで足回りのガタが少なくなりました、

完全にガタを取るにはすべての軸ブッシュを交換しなけれいけないので、

今回はガタの大きいものだけの交換です、(あとは許容範囲)

IMGP7788.JPG

2013年07月19日

さぁ、今年の籾すり機の修理の中で一番のブツの交換です、(メインイベント?)

IMGP7770.JPG

選別ようどうバンを左右に振るアームです、(交換です)

ブッシュなど取り付け・・・

と、いつものようにモクモクと作業を進めるが、今日はちょっと様子が違います、

IMGP7773.JPG

ライスセンターの前で下水管工事でユンボーがガーガー音をたてながら作業してます、(えらい気になる)

何気に中を覗き込むと、えらいでかいドカンを埋め込んでいる、(2メートル以上ありそうな)

「うまく埋め込むもんや~」っと関心関心、(さすがプロ)

IMGP7776.JPG

それを覗き込んでいると現場監督?が「いつもお騒がせしてます」と挨拶、

そして、私がちょっと質問すると、親切丁寧に説明しだす、(そこまで説明する)

このようなことは私だけではない、(近所の人にも)

土建屋さんは近隣に対してそうとう気を使ってるようす、(工事前に菓子箱もってくるし)

「うるさい」だの「じゃまや~」なんて色々と文句を言う人も中にはいるのでしょう、(マナーの悪い人)

でもね~、上下水工事なんて、とても大事なライフラインですからね、

ジャンジャン工事を進めてくらはれ~

うちも市街地での田んぼ作業しますが、ちょっと見習わなければいけないかも!

2013年07月17日
NHKデーター放送天気予報によると明日は雨、(雨かい)
なんとか今日中に大豆培土作業すませんなん、(ちょっと難しいかな)
と、休憩に会社に戻ると何やら育苗用ハウスがせわしない、(人だかり)
「なんや~」っと見に行くとけっこう立派な鹿である、(斑点もシッカリと)
IMGP7757.JPG
よってたかって捕獲作戦、(私はアミ持ち)
こっちに突進してきたひにゃ~(完全に逃げ腰)
そこに勇士があのでかい鹿に飛び付く、すげ~っ!(近所の農家さんです)
IMGP7758.JPG
住みよい野々市市第2位、鹿も来るんですかね~(訳ないか)
じつは鹿騒動これで2回目なんです、(そんなにここがいい)
ここは山からけっこう離れてるんですがね~(ハイソな街並みを走って?)
って言うか~、大豆培土作業が進まんかった、(しかも今日は蒸し暑いし)
もうかんべんしてや~鹿さんよ~(こっちはもうクタクタや~)
ちなみに捕獲した鹿はすぐに山にもどしました、(近くの山)
職員いわく、元気に走って逃げたそうな、(そりゃ~逃げるわな)
めでたしめでたし!(よかったよかった)
2013年07月16日

平成14年に導入、稼働時間1200時間、

2回目のクローラー交換です、(以前は500時間に交換)

700時間使用したので交換します、

コンバインのトラブルで最悪なのが圃場での足回りのトラブル、(クローラーの外れ、切断など)、

他のトラブルならばいったん引き揚げて修理となりますが、

あの巨体(4t近く)がまったく動かなくなる、田んぼは柔らかいし、ジャッキはカマせないし、

大変なことになります、(時間と労力が膨大)

特に足回りは念入りに整備します、

IMGP7736.JPG

新品のクローラーです、

さすがに新品です山(ブロック)が高いのなんの、700時間使うと山は小さくなってます、

IMGP7738.JPG

クソ重いクローラーを外す秘訣は引っ掛かるようなところ外せるだけ外すのがいいです、

その方がスムーズに作業が進みます、(とくに腰を痛めやすいですからね)

これだとリフトを使えば簡単に一人でクローラーを外せます、(取り付けは二人必要)

上部のローラー、駆動ローラー、そして刈り取り部も外します、(ここを外すとぜんぜん楽になる)

IMGP7741.JPG

テンションを緩め、リフトを使いクローラーを引っぱり出します、

テンションを緩める時はネジ山を傷めないようにオイルをつける、(ここを傷めると大変)

IMGP7743.JPG

万が一の転倒のために足回りに厚板をカマせます、(安全第一ですね)

IMGP7749.JPG

そしてローラーを点検して不具合なローラーベアリングを交換します、(今回は2か所)

1200時間交換無しの状態、ドロドロさびさびの状態、

このまま使い続けると作業中、キリキリと言いだし軸もダメになってしまいます、

IMGP7753.JPG

ベアリング、そしてフローティングシールを交換して組み込みます、

本体のベアリングの受け側はサンドペーパーなどで綺麗にします、(この方がスムーズにベアリングが入ります)

IMGP7754.JPG

2013年07月15日
ついに私もおおだい?になりました、
まさか今でもバイク(CB750F)に乗ってるなんて・・・
16の頃、CB750Fがデビュー(通産省グッドデザイン賞)
カッコイイ~(タンクからサイドカバー、テールにかけて、しかもナナハ~ン)
すぐに限定解除、(よくもまぁ~16のガキに免許くれたもんや~)
でも買えな~い、(学生のブンザイで)
あれから34年(そんなにたつ~?)
今、Fに乗れることに感謝してるしだいです、(みなさまに)
IMGP7724.JPG
と、言うことで右下り高速コーナー、相変わらずビビってます、(低速でも)
バイクは好きだが乗るのが苦手なんです!(進歩ナシ)
まぁいいっか!(50だし)
もう細かいこと気にしな~い!ガハハハッ(^^;)
IMGP7730.JPG
2013年07月13日

この籾すり機は平成9年に導入、

シーズン約40ヘクタール、15年間稼働、

これまでほとんどの消耗品を交換しました、

最近では籾すり作業も精度を求められる時代になり、(以前は若干の籾混じりでもOK)

しっかり整備するようになりました、(以前は少しぐらいのガタなんて無視してました)

と、言うことで、昨年、どうも籾の選別があまり良くない、そこで選別ようどうバンを交換しました、

だが、あまり改善されない、やっぱようどうバンだけじゃダメなようで、

今年はその左右に振るロッド、アーム、ブッシュ、マウントなどの整備です、

IMGP7695.JPG

まず、左右に振るアームですが、受け軸の消耗、そしてところどころのクラック、

さすがにこれは思い切って交換します、

IMGP7704.JPG

そしてバランサー付きクランク、ベアリングにガタがあるのでベアリングのみ交換、

ほんとうはクランクの軸にキズがあるので交換したいのですが・・・(部品が高そうだし)

IMGP7705.JPG

ようどうバンのマウントです、さすがに15年間振られてきたせいかいたるところにクラックが走る、

これは溶接して補修します

IMGP7699.JPG

テスト

IMGP7700.JPG

クラックの部分を溶接しました、

IMGP7706.JPG

昇降機のバケットベルトの交換、

IMGP7713.JPG

 

IMGP7712.JPG

昇降機の上部、摩耗により穴が開きそうな状態、

昇降機の上部だけの交換できないので、(昇降機すべて交換になる)諦める、

そこでエポシキ系硬化剤で埋める、(シーズンは持ちます)

一部の消耗ですべて交換となるともったいないので毎年行います、(硬化剤なんて安いもの)

IMGP7715.JPG

サタケの籾すり機は今でも基本的な構造は変わりません、

籾などまったく混じらないような新しい構造なら新規導入してもいいのですが・・・

2013年07月11日

さぁ、今日も朝早くから作業開始です、(朝は涼しい~)

と、言うことで色彩選別機の点検整備清掃です、

この機械は今のプロ農家さんには無くてはならないアイテムの一つ、

ここは慎重に作業を進めます、(ここで最後の仕上げですからね~)

IMGP7683.JPG

中を覗き込むと、何やら配線やら基盤やらで複雑です、(さーっぱり分からん)

この機械はハードで動くと言うよりも、ほとんどソフトで動くようなものなのです、

慎重にエアーガンを吹き付ける、

今年は昇降機バケットベルト3本交換する予定です、(ベルトにほころびが見受けられる)

最後の仕上げで機械の不具合で異物(ベルトのほころびなど)入ったら意味ないしね、

IMGP7690.JPG

 

2013年07月10日

稲刈りシーズンに向けて機械の点検整備清掃です、

と、言うことで連日の暑さで、朝早く作業開始してます、

早朝だと気温も低く、とても涼しく清々しい、

それよりとても静かで集中して作業ができます、

しかも誰にも邪魔が入らないしね、(日中だと何かと・・・)

そして日中は他の仕事もできます、(大豆培土とか)

ただあまり早く作業すると林家からうるさーいと言われそうなので、(作業場の前が林家自宅)

ほどほどの時間から開始です、(あまり朝早く作業すると昼間が眠くなる)

IMGP7673.JPG

籾すり機、石抜き機、米選別機、色彩選別機、そして計量器、などなど、

すべてユニット化しています、点検清掃の時はリフトで外に出します、

外の方が明るく、ホコリもあまりかぶらないしね、(ライスセンターも汚れない)

台の上に設置により点検整備清掃も容易になり機械のレイアウトの変更、新規導入も簡単に行えます、

IMGP7682.JPG

問題の籾すり機です、

選別不良により昨年ようどうバンを交換したのですが、あまり改善されませんでした、

ようどうバンだけでは改善しないので、今年は思い切ってようどうバンを稼働するアームなど交換することにしました、

IMGP7678.JPG

2013年07月09日

さぁ、今日から2回目の大豆培土開始です、

それにしても暑い、日差しも強い、これって梅雨明けしたのだろうか?

あのジメジメとしたイヤ~な梅雨より、(体調不良お腹の具合も良くない)

クソ暑い夏の方が体調がいい、

と、言いつつ、さすがに日差しが強いし大豆培土機からの熱風でよけい暑い、

一人の作業だし朝早く出かけて作業しようか?(朝は涼しいしね)

IMGP7670.JPG

 

2013年07月08日

春作業で使った農機具などの整備、洗浄も終え、その機械の移動です、

場所は会社から400メートルほど離れた元餅加工工場です、

今は機械格納庫として使用してまます、

IMGP7666.JPG

以前、餅加工工場として使っていました、その後が残ってます、(今は壁など外してますが)

今、思うとこんな狭いところでよくもまぁ~頑張ってたもんです、

でも、もっと頑張ってここで餅加工していれば儲かってたかも・・・(まぁ、限界でしたが)

IMGP7663.JPG

ここに田植機3台、コンバイン2台、大豆コンバイン、大豆培土専用機XB-1、ドライブハロー、畦ぬり機、ブロードキャスター、

などなど格納します、

以前は会社裏のビニールハウスに格納してましたが、ここはもともと育苗用ハウス、

湿気も多く、しかもネズミもいる、湿気で農機具のコンピューターが壊れるわ、ネズミにハーネス食われるわで、

格納するにはあまりにも環境が良くありませんでした、

今は室内で整備された状態で格納してます、(いつでも出動可能状態)

IMGP7660.JPG

春作業で使った機械の入れ替えとしてコンバインをライスセンターに移動します、

来月にはコンバインの出番です!

コメント(2)2013年07月06日

友人のチェーン除草機です、
うちのチエーン除草機は歩行式であるが、
これは乗用式である、
その乗用であるが、ベースは見たことない形式の田植機を改造、
(フロントに植え付け部がついているタイプ)
しかも3輪、(今で言うトライク?)
ちゃーんと油圧でチエーンアームが上下する、
すばらしー!

IMGP7627.JPG

なんだかとってもユニークな農機具です、

アームのところを見るとうまく製作してあります、

(シーソーのように稼働し取り付け部に無理がかからないような構造)

IMGP7633.JPG

チエーンはタイヤの雪用チエーンを使用、(これは安くついていい)

オーナーいわく、この錆が絶妙に草を・・・とかなんとか!

(動画)

 

2013年07月02日

2年毎に実施する取引用(業務用)計量器(はかり)の検査の日です、

林さんちでもお米作りに加工品にと計量器を多用してます、

IMGP7613.JPG

計量器を軽バンに乗せて検査会場に向かう、

IMGP7622.JPG

ここで計量器を検査します、合格すると計量器に認証ステッカーが貼られます、

今日から中学生「わくワーク職場体験」で中学生諸君が来ているので、一緒に検査会場に行く、

三日間だけですが、いろいろなことを体験してもらえば、と思います、

IMGP7619.JPG