2014年6月 林さんちの専務の徒然日記「な~んも専務のひとり言」
2014年06月30日

今日で1回目の培土作業が終わりました、

2回目は10日後から開始予定、

と、言うことで、

この大豆培土専用機クボタXBー1の導入時期は昭和61年(1986年)

私が就農した時期と同じです、(23歳ぐらい)

あれから28年間、毎年、このXB-1で大豆培土作業をする、

なんだか長いような短いような~

IMGP7590.jpg

このXB-1、構造、そして操作性もいたってシンプル、

今も現役バリバリに稼働します、

最近のちょー高性能な農機具は構造が複雑で電子制御の塊

とてもとても30年以上は使えないであろう、

ほんらい農機具はシンプルで簡単に修理出来て長く使えるもの、

なんですがね~

2014年06月28日

昼から雨が降り出し大豆培土作業中止です、

カラっカラの大豆畑、大豆には丁度いい雨です、

と、言うことで雨が降ったら中仕事です、(機械の整備)

育苗用加湿ヒーター、種まき機、そして今年軸が破損したドライブハローの修理、

どれもこれも10年、20年以上のしなもの、

ちゃんと修理すればまだまだ使えます、(使っていかんなんです)

IMGP9549.JPG

普通はドライブハローの整備は消耗品などの交換なのですが、

今年はなんと軸が折れるトラブル、この出費はキツイぜ!(この軸っ、けっこういい価格)

でもちゃんと直します、

軸、シール、パッキン、ベアリングの交換します、

IMGP9552.JPG

そして育苗用加湿ヒーターです、

もう20年使用でフレームが錆錆の状態、

これはちょっとマズいので思い切ってフレームを交換、(部品があって良かったです)

内部はまだまだ使えるので、中身はそんぐり入れ替えです、

4基あるので時間がかかりめんどー、(まぁ、楽しんで交換します)

IMGP9567.JPG

手始めに種まき機の整備交換から始めます、この種まき機もう20年使ってます、

部品もそろったので修理開始、

IMGP9556.JPG

強力モーターでぶん回して高速化した種まき機、(一時間850箱)

各部の部品にそうとうの負担がかかる、(チエーン、スプロケ、軸受けなどなど)

とくにチエーンが伸びてスプロケに引っ掛かると破損する恐れがあります、

そこで伸びたチエーンを交換します、

IMGP9560.JPG

チエーンを交換のため外すと、なんとスプロケの山が欠けてる、(しかもふた山も)

たしかに作業中はガタガタとイヤ~な音がしてました、(引っ掛からないで良かったです)

今回、発見できて良かったです、やっぱ点検整備は大事ですね!

IMGP9566.JPG

2014年06月26日

さぁ、大豆培土の開始です、

が、大豆播種後あまり雨が降らない、特に先週からほとんど雨無し、

大豆の生育も鈍る、(培土にはちょっと早いかなぁ~?)

昨年は24日ごろから一回目の大豆培土開始してます、

さすがに6月中に一回目の大豆培土を終わらせたい、

一回目の培土は梅雨の雨対策の意味もあります、

大雨になって大豆畑に水がつかないように排水を良くします、

10513310_665596570193238_5547285204475478778_n.jpg

大豆畑の方も土が乾燥して土ぼこりが舞い上がる、(土もゴロゴロしてます)

お湿り程度の雨が欲しいところ、(お湿り程度ですよ!)

だが、これだけ雨が降らないと今後が・・・!(うまくいかないものです)

2014年06月19日

畦塗り機のデスク(ウイング)の交換です、(消耗による)

この畦塗り機は平成12年に導入、

デスクの交換は今回が2度目、(7年使用で交換)

畦塗り機の初期の頃は上下運動による畦塗り、(ペッタン方式)

そのため機械的なトラブル(振動による破損等)が多く、何回も修理しながらの作業でした、

今はデスクが回転して振動も少なく綺麗に畦が塗れます、そしてほとんどトラブルがありません、

当時、このウイングタイプを見て画期的な印象がありました、(すばらしー)

以前のペッタン方式では土を叩くマットが破れ何回も交換しました、

このステンレス製の分厚いウイングを見て、これは一生もの、と思ってましたが、

さすがに土との摩擦で6枚のウイングがすり減ります、(やっぱ交換が必要)

IMGP9543.JPG

ステンのウイングが土との摩擦ですり減り、もうちぎれそうです、

補強として上からステンの板を溶接しようかと思いましたが、(鉄工所で依頼)

さすがに負荷のかかる場所ですから難しい、

と、言うことで今回は、いさぎよく新品に交換!

IMGP9545.JPG

昔の油圧式ペッタン方式の畦塗り機です、

その前は機械式ペッタン式(修理の連続でした)

このウイング方式は3代目です!

aze.jpg

2014年06月17日

平成18年導入のクボタ田植機SPU550

9年使用しましたが、さすがに各部の消耗が激しく、精度、作業性、信頼性の低下、

そして維持管理費、などなど、

目標は10年使用と考えてましたが、今年限りとなりました、

SPU550、操作性、整備性がとってもシンプルで使い良い田植機でした、

できればもっと長く使いたかったです、

と、言うことで来年は新規導入、この田植機は下取り(委託販売)になります、

展示会などに出品します、(高く売れればいいなぁ~)

IMGP9536.JPG

いつも農お世話になってるJA農機センター、

農機具の展示会などに出店するために今日引き取りにきました、

IMGP9538.JPG

そして大通りに出るまでお見送り、

これまでどれだけの機械を見送ってきたことか!

たかが機械、道具なんですがね~、なんだか寂しいような~

頑張って使ってきましたからね~(愛着もあるし~)

このみょーな感情はいったいなんなんでしょうね~?

また新たな場所で道具として稼働して欲しいものです、

2014年06月13日

朝一からどうも身体の調子が出ない、

典型的な梅雨空の症状である、(しかも今日はみょーに寒い)

クソ寒い冬でもクソ暑い夏でもこのような症状は出ないのですが・・・

こんな時はあまり動かないことです、そしてあまり難しく考えない、

仕事でもなんでも適当に済ませる、(最低限)

これまでの経験でこんな時に無理に何でもやるとロクな事が無い、

このような時は適当にうまく流すことです、(スルーする)

これも一つの技術!

とっとと家帰ってサッカーでも見るに限るぜ、(ブラジル戦再放送)

来週は天気が良さそうだ、(^^)

IMGP9531.JPG

2014年06月12日

私の仕事の方も区切りがついてきたので、

じっくりと機械の洗浄点検整備にはいります、

この時期にちゃんと整備して来年シーズンにすぐに使える状態にします、

と、言うことで田植機の洗浄整備です、

IMGP9514.JPG

スチーム洗浄機で泥だらけの田植機を綺麗します、

そして、まきちゃん(農薬散布機)を取り付け、試運転、

だが、まったく動かない、なんで?

IMGP9521.JPG

まずヒューズの確認、異常なし、コネクターの確認、異常なし、(外観的な確認も異常なし)

と、なると次はテスターで確認となります、(まず電源が来てるか?来てないか?)

コネクターを外しテスターで確認、電源が来てない!(マイナス側)

これは非常にやっかい!

2014taue06132.jpg

以前に配線の断線による水平制御の不能があったので、

配線を束ねるカバーを外し、断線箇所を探す、

見た目はなかなか分からないのですが、手で触ってみると若干凹みがある、

そこを動かしてみると電源が来る、ここの不良なのでしょう、

さっそくいったん切り取ってハンダ付け、絶縁テープを巻き付ける、

どうなんでしょう?配線の取り回しが良くなかったのか?

そんなに無理はかかってないような?(製造工程での不良?)

IMGP9519.JPG

今回はすぐに発見できて良かったですが、

この配線の中での接触不良は非常に厄介なトラブル、

完全に断線していれば分かるのですが、切れかけで切れたりつながったりする場合もある、

これはもう発見が非常に難しい、

とくに最近の機械は電気で制御してるのでこの手のトラブルが多い!

2014年06月10日
日ごろ怪我とか事故には人一倍気を付けてます、
が、時には思わぬことが起きるものでして、
田んぼの水回り中に散歩中の犬にかまれる、(昨日)
田んぼに水を張り込み、ふっと立ちあがるとガブッ!
って言うか~わざわざこんなガリガリな足噛まんでも・・・
もっとうまそうな足あるでしょー!(ムチムチな)...
それにしてもまさか犬にかまれて通院するとは、
筋肉注射の方が痛かった~(しかも両肩)
ほんとこのしゃば何が起きっか分からん!
IMGP9528.JPG
2014年06月07日

今日で大豆の播種作業が終わりました、

2月の下旬あたりからトラクターで畦ぬり開始、

それからほぼ毎日のように機械(トラクター、田植機)に乗り続けている、

機械に乗るのは嫌いではないが、さすがに・・・・(肩コリ、腰痛、神経痛?)

これでようなく機械乗りから解放されます、

来週からは春作業、田植え等で使った機械の洗浄点検整備です、(使ったまんまの状態)

2014daizu06022.jpg

今年は春先からよく機械が壊れました、(トラクター、ドライブハー、田植機など)

うちで使ってる農機具等はもう10年、20年ものなので、機械の故障は仕方が無い、

特に農繁期のピーク時のトラブルは作業状況に大きく影響してしまう、(痛い!)

機械自体の修理などは趣味みたいなものなのでまったく問題無い、

問題は維持管理費である、

さぁ、どこまで直して(消耗品などの交換)そして、どこで見切り(新規更新)をつけるか?

この見極めがとっても難しい、悩むところです、(知恵熱が出そう)

(育苗用ヒーターももう古いしなぁ~種まき機も、破損したドライブハローどうしよう?・・・・・!)

と、言う感じなんです!(^_^;)

2014年06月02日

田植え作業も終わり、さっそく今日から大豆の播種作業、(エンレイ大豆)
梅雨が来る前に急がないと!(雨降ったら播けない)
と、いつものことですが、(毎年のこと)
違うのはこの暑さです、(金沢最高気温33.7度)
さすがに汗が出ます、(一応トラクターにはエアコンが付いてるが)
暑いのは嫌いではないが、(ビールも美味いし)
でも今後の作物に影響するのがね~(これでメシ食ってるし)

10404890_643830435703185_978873546391659141_n.jpg