2011年10月21日

L-1!

クボタトラクターZL1-43、通称L1昭和60年に導入、稼働時間5000時間、

今は現役を離れ、スポット的に稼働してます、

今日は天気も良く、圃場の条件がいいので荒起こしに参戦、

IMGP3682.JPG

このトラクターは簡単な屋根が付いてるだけのオープン、

寒い時期など今ではとても乗っていられない、(当時は当り前でしたが)

ホコリなどバンバン入るし、エンジンもうるさく、振動も激しい、

操作もすべてマニュアル仕様、起こし精度も今とは全然違います、

だが、最近のトラクターはキャビン付きエアコン、空調、そしてオーディオ装備、

作業操作もボタン一つですべてオートマチック、(フル制御)

L-1と比べると疲労度がぜんぜん違います、(春先は死ぬほど寒い!)

ただ、基本的に田んぼを起こすだけ、それだけの精度が必要なのか?

お米の価格が下がっていると言うのに、高性能で高価なトラクター、

他の作業と違い、農業界は不思議な世界である、

フルオートマではなく基本的な作業、操作だけ重視して丈夫で価格の安いトラクターが出て欲しいものです、

その点、このL1は構造がシンプルで丈夫、25年以上たっても現役バリバリです!

このトラクターに、今の快適なキャビンを付ければフルシーズン使えます、

IMGP3677.JPG

関連記事
2011年