2011年12月04日

見た目(外見)!

商品名「豆とぼ切り餅 5合」の袋詰め作業です、現場では通称「豆バラ」と読んでます、

他にも省略した商品名もあります、(たとえば「お供え用お鏡餅」を「小重ね」とか)

と、言うことで、昔、この豆バラを型通りにキッチリ並べて袋詰めをしたのですが、

スーパーなどに出しても売れ行きがあまり良くありませんでした、

そこでバラバラにして入れたところ、売り上げが上がりました、

キッチリ並べて入れると、お餅全体も見えず少なく感じなんとなく、損をしたように思えるのでしょうか、

容量も同じなんですが見た目の違いなのです、

IMGP3948.JPG

豆バラ、900gに詰めていきます、

IMGP3950.JPG

上の画像も下の画像も豆バラ、900g入りで同じなんですが・・・!

キッチリ揃えて入れる、コンパクトになり場所もとらない生産性もいい、これは工業生産的な考えでして、

私も社長も工学系卒業、最初はどうしてもそのような考えになってしまいます、

(性格もあると思いますが、なかなかファジーな考えができない)

商品を売る、なかなか難しいですね!

IMGP3955.JPG

関連記事
2011年