2012年02月08日

お餅と菌(カビ)!

林さんちの手作り生糀、うちでは生糀を販売してます、

IMGP4401.JPG

糀には生糀と乾燥糀とがあります、

乾燥糀は一度乾燥させるので、常温での保存期間が長くなります、(スーパーなどで見かける)

生糀は発酵が進むので常温で保存期間は5~7日ぐらい、

長期保存の場合は冷凍庫存します、(約半年)

うちも出来上がった糀は冷凍庫で保存します、

IMGP4400.JPG

価格、900円(1kg)
糀の保存の為、空気を通さない袋を使用してます、冷凍庫で保存してください、

お店での店頭販売、
注文、電話にてお問い合わせ、(株)林農産(076)246-1241
(営業時間、朝10時から夕方6時まで)

ネットでのご注文、林さんちの手作り生糀

 

IMGP4395.JPG

餅屋としてカビは大敵、

餅加工、冷却、袋詰め、袋のシーリング、エージレス(脱酸素材)などかなり神経を使う、

正月用お鏡などはどうしても袋から取り出して飾るからカビが発生する、

そこでワサビの粉末を練り込み、殺菌効果を利用してなるべくカビないようにしてます、

それでも外気に触れるとカビが発生します、

逆に、そのやっかいなカビ(菌)を利用し、糀を作ります、(糀菌)

温度管理などしてカビ(糀菌)をうまく増殖させて作ります、

カビは大敵と言いながら、今度はカビをわざわざ作っている、

この相反する物質?いったいカビ(菌)って何者??(雑菌、細菌、黴菌?)

 

糀の向こうに見えるのがひし餅加工作業中、

以前、餅加工室での糀生産は、菌を使うので良くないのでは?(餅にカビ生える!)

と、心配してましたが、問題ないようです、(糀生産7年目)

関連記事
2012年