2012年02月28日

畦ぬり機!

トラクターおよび畦ぬり機の点検整備です、

トラクターのエンジンオイル交換、燃料フイルターの水抜き、各部グリスアップ等、

そして畦ぬり機の搭載です、

春作業(田んぼ仕事)は畦ぬりを先行して、後から追っかけるようにスタッフがスコッパーで隅掘りなどします、

最近ではリバーシブルタイプの高性能な畦ぬり機が出てますが、

今のところこのシングルタイプで頑張るつもりです、

IMGP4579.JPG

と、言うことで、ここまではいいのですが、なんとハウスの冠水バルブが凍結により破損してました、

暮れにバルブ全部開いたはずなんに~!ショックです

毎年、暮れになったら凍結破損防止に必ずすべてのバルブを開くのですが、何故か7番ハウスのバルブが閉じてありました、

このバルブはボールバルブで90度オンオフが可能なクイックバルブ、(とても作業性がいい)

苗に冠水する場合、時間をはかり正確に放水するのでカラン式(クルクル回すヤツ)じゃ都合が悪い、(時間もかかるし)

ただ、ボールバルブはボールに水が入った状態で凍結すると必ず破損します、(要注意)

それよりもとっても高価な品物で40mm1個うん千円!あれだけ注意してたのにやっちまった~

IMGP4585.JPG

以前、暮れにバルブを全棟開き忘れてしまい、14棟のうち半分近くのバルブが破損したことあります、

 

IMGP4582.JPG

それにしてもあんなに丈夫そうなボールバルブのケースが凍結で破損するなんて、

相当な圧力なのですね~自然の力って凄いぜ、

まぁ、そんなことより、絶対に全部開いたはずなんに~誰か開いたなぁ~!(^_^;)

部品買ってきて直さんなんです!

関連記事
2012年