2012年06月22日

加湿ヒーター!

加湿ヒーターの洗浄です、

井戸水を使ってるせいかヒーターユニットにびっしりとカルシュームが付着してます、

ほっといておくとヒーターが過熱してブレーカーが落ちる恐れがあります、

これが硬く高圧スチーム洗車機でもなかなか取れません、(しつこい)

IMGP5352.JPG

この加湿ヒーターはもう15年ほど使ってますが、本体はかなり錆が出てきてます、

毎年、綺麗に洗ってるんですが、肥料入りの土の酸性が強いのかどうしても錆がでます、

本体が錆びると水を一定に保つフロート部分が歪み、空だき防止スイッチが機能しなくなる恐れがあります、

ヒーターが止まると育苗器の温度が維持できません、

それより大事な苗が焦げたら大変なことになります、(火事の恐れも)

まぁ、その先にブレーカが落ちると思いますが・・・・!(もし)

 

水が入るトレイに水が減ってくると上に上がり、スイッチを押して電源が切れる仕組み、

トレイを動かしながらスイッチ部分の調整ネジを回します、

ちなみに来年は本体の錆がかなり出てきたので本体のみ部品交換する予定です、

他のユニットはまだ使えますから、

IMGP5355.JPG

なにかとトラブルの起きやすい苗作りですからね、今のうちに、(春先は忙しい)

関連記事
2012年