2012年11月27日

でんぷん粉!

林さんちのお餅加工の最大の特徴はでんぷん粉をふんだんに使ってるっことです!

お餅の表面に粉の幕を作り、お餅のうま味成分を残しながらじっくり中の水分を取ります、

実は、お餅を大量生産する場合、この粉に問題が生じます、

衛生面、コスト、生産性(粉を落とさなければいけない)、それより粉によりカビが発生しやすくなるのです、

だから賞味期限もあまり長くありません、

うちでは一度でんぷん粉をフライパンを使い火をかけてあぶります、(殺菌)

とても手間のかかる作業なのです

他のお餅屋さんではこれを嫌い極力粉を使わないところもあるほどです、

それでは粉を極力使わなければいいのですが、乾燥させた時に表面がパリパリになり、

お餅の表面が先に硬くなり余計な水分が残りベトベトとした食感になってしまいます、

さすがに毎日、粉をふんだんに使うものですから毎日粉まみれになってしまいますが・・・、

2012marumoti11262.jpg

表面に粉をまぶきながら木の板に並べていきます、(下の面も徐々に乾燥させるために木の板を使います)

ちなみにブルーの使い捨て手袋を使ってますが、

もし手袋が裂けてお餅に入りこんでもすぐに発見できるようにあえて色付きを使います、

透明の物なら一般的にホームセンターなどで売ってますが、色付きはなかなか無いのでネットで購入してます、

2012marumoti1127.jpg

次はこの粉をブラシを使い手で落とす作業があります、

とっても手間のかかる粉、でも、とってもお餅が美味しくなる粉なのです!(^^)v

 

 

関連記事
2012年