2013年08月31日

魔法の機械?

玄米色彩選別機です、

籾すりした玄米を、まず石抜き機、お米選別機に通して、

そして色彩選別機に通して、異物、着色米、虫食い、籾などを除去します、

ただ、この機械も魔法の機械ではなく100%除去しません、

除去精度も玄米の状況(流量など)、質によって常に変化します、

それと機械の特性もあります、

常に監視、操作できるように計量器(袋詰め)の横に設置してあります、

この機械の特性として、センサーの誤作動です、

(センサー機械内のホコリなのか玄米の色なのか分からない状態)

もうこうなると選別能力が極端に低下して、まともな玄米も弾き出します、(大きなロス)

定期的に自動的にセンサー内のクリーンングが行われますが、

うちではデジダルメーター(流用計)を見て、明らかに誤作動状態なら手動でクリーンングモードにします、

そもそも玄米のような色の付いたお米を色選に通す自体、ちょっと技術的に難しいのでしょう、

(白米なら問題ないのですが)

IMGP8140.JPG

いっぽう稲刈りチームはコンバイン1台で稲刈り中、(クボタER674コンバイン)

天候、仕事の進みぐあいによって、もう一台のコンバインも出動します、(2台で刈り取り)

いつでも出動できる状態でスタンバイ!(クボタAR70コンバイン)

ちなみに今日は5条コンバインの出動なし、籾すり優先でした、

IMGP8137.JPG

関連記事
2013年