2013年09月30日

違い、その2!

稲刈りシーズンが終わると、コンバインの掃除が始まります、

この作業がけっこう時間がかかり、大型コンバインともなると一日がかります、

最近のコンバインは、刈り取り部、脱穀部、藁切りカッター部、グレンタンク、などなど、

ほとんどの部分がオープンになり、かなり掃除がしやすくなりました、

とくにうるち米刈り取りからもち米刈り取りの切り替えの場合、

スピーディーに掃除が行えます、

昔のコンバインはほとんどオープンが出来なくて、掃除はもう大変、

どうしてもコンバインのところどころに籾が残ってしまいます、

以前はもち米の作付を諦めていた時期もありました、

確かに最近のコンバイン自体高性能で故障も少なくなりました、(整備性も向上)

それよりも大きな違いはとても掃除がしやすくなったことです!(助かります)

IMGP8244.JPG

と、言うことで今年の籾すり作業が終わりました、

関連記事
2013年