2014年03月30日

トラクター壊れる、その2!

一夜が明け、農機センターに行く、
はぁ~っ、オレの大事なKL-41トラクター(クボタです)
バラバラや~(目まいしそ~)
ギアーもベアリングもケースもキズキズや~(鉄粉も)
駆動系のトラブルです、(しかも重症)
大事にしてるんだけどなぁ~(これでメシ食ってるし~)
なんで壊れるの?(稼働時間4200h、耐久年数?)

IMGP9077.JPG

駆動系の破損、やっぱそこまでバラすの~っう感じです、

IMGP9074.JPG

最初にベアリングが行き、そしてギアーなどを破損、
壊れる時は壊れる、
機械ものはこんなものですよね~

IMGP9080.JPG

壊れたものは仕方が無い、

とにかく田んぼの起こしを進めたいといけない、

修理は一週間ほどかかるであろう、

さぁ、どう対応するか?(ここが一番重要なところ)

代車?レンタル?誰からのトラクターをお借りする?

そこで長い間、外に放置してあるトラクターを使うことに、(61年式クボタL1-43トラクター)

このトラクターはもう行き先が決まってます、(次のオーナーへ)

ただ、長い間外に放置してあったので、まずエンジンがかかるかどうかが問題、

(簡単にはかからなであろう)

予備のバッテリーを繋いでグローしてエンジンスタート、

簡単にかからないであろうと予想はしてましたが、

一発クランクでエンジン始動!

「まだまだ現役でっせ~」と、言わんばかりに黒い煙がモクモク吐き出す、

でも大丈夫なんかい?ちょーっと心配であるが、アタッチメントのロータリを付ける、

明日は一応点検整備して動かすつもり、

もうお前しかいないぜ!(^^)v

1901791_612808325472063_1305351683_n.jpg

 

 

 

 

関連記事
2014年