2014年07月08日

外で!

籾すり機などの点検整備清掃は外で行います、

何せホコリが凄いからね、(明るいので見やすい)

稲刈りシーズン最初の籾すり作業で何かとトラブルが起きる籾すり機、

ほとんどの原因は藁、籾などの異物の詰まりです、

徹底的に掃除します、

うちでは玄米販売を直販してますので異物混入は厳禁!

IMGP9649.JPG

予備電源を接続してブン回しながら掃除します、

IMGP9648.JPG

電源をつないでスイッチオン!ホコリが舞い上がり、周りは真っ白、

稼働しながらエアーガンでホコリなど吹き飛ばします、

IMGP9647.JPG

そして計量器です、

昨年からスクリュー軸からガリガリと異音がしてました、(たぶん軸受けでしょー)

シーズン中はなかなか修理できずにいました、

と、言うことで軸受けのベアリングの交換です、

農機具などは新品で購入して5~6年は安定して稼働しますが、

6年、そして10年以上使用するといたるところに問題が発生してきます、

特に軸受けなどは一つの消耗品です、

籾すり機は17年使用、ほとんどの消耗品は交換しました、

そしてこの計量器も10年以上、

IMGP9653.JPG

ベアリングが焼き付いて回すとゴリゴリと音がします、

IMGP9657.JPG

関連記事
2014年