2014年07月28日

スタンド!

コンバインの点検整備で一番気を使ってるのが足回りです、

もし稲刈り作業中、田んぼの中でクローラーが外れたりするともう大変、

田んぼが柔らかくジャッキーもカマせない、

林さんちの田んぼは市街地の狭い田んぼが多い、(重機も入らない)

IMGP9772.JPG

足回りの点検整備は車体をアップして行います、

コンバインには車高上げ機能がついているので、

車高を上げた状態でフレームにウマ(スタンド)をカマします、

車輪の点検、各部のグリスアップ、クローラーの張り具合調整などを行います、

IMGP9769.JPG

だが、新型のクボタER467コンバインではフロント部分が狭く、ウマが入らない、

(5条コンバインAR70は幅があるのでウマが入りますが)

これまではブロックだの垂木をカマしてましたが、どうも不安定(重い車体ですからね)

そこで簡単なもので専用スタンドを作りました、

これで安心して作業ができます、(安全第一)

IMGP9774.JPG

関連記事
2014年