2015年07月31日

クボタトラクターKL41!

稼働時間4800時間、

消耗品などの交換をしました、

ステアリングロッド、リフトアームターンパックル、前輪軸シール、ステアリングシール、など

IMGP0806.JPG

フロント回りはジャッキアップ、そして安全のためスタンドをカマす(安全率2倍)

IMGP0797.JPG

ロータリリフトアームのターンパックルです、

ネジがナメて張りが出来ない状態、

ステアリングロッド、ピロボールがすり減ってガタガタ

操作性も悪く、それより走行時に抜けたら大変、

昔は抜け落ちるまで交換しませんでしたが、

最近のトラクターは高速走行、しかも車の交通量も多い、(とても危険)

どれももう稼働時間5000時間近くですからね~

思い切って新品に交換です!

IMGP0800.JPG

問題のフロント回りからのオイル漏れ、(ジャジャ漏れ?)

これまでオイルを足しながらだましだまし使用、

さすがにこれだけ漏れが酷いと・・・・(^^;)

IMGP0802.JPG

タイヤ軸のオイルシールとステアリング系オイルシールの交換です、(左右とも)

合計4個のオイルシール交換となりますが、

これがまたけっこうややこしくて時間がかかりました、

特に安全面も重要なので、時間をかけてしっかりと修理です、

IMGP0808.JPG

いつもなら自分一人で作業するのですが、今日は若いスタッフに手伝ってもらいました、

機械の構造、修理の仕方、その心得などをアドバイスします、

機械整備、じつはそんなに難しいものではないのです、

まぁ、これだけは経験が必要なので、

機械整備修理、どのようなことなのか?分かってくれればそれでいいと思います、

IMGP0815.JPG

タイヤ軸のベアリング抜きです、キズを付けないように慎重に抜き取る、

軸を抜かなければシール交換できません、

IMGP0819.JPG

トラクターのフロントタイヤ軸を固定するキーです、(割れ型)

このちっちゃいキー2個でホイルを付ける軸が抜けないように溝にカマします

これだけでタイヤが抜け落ちないのです、(強度は大丈夫なんかい)

もしこのキーが破損でもしたら・・・

個人的にもう少ししっかりと固定した方が・・・(ボルト止めとか)

まぁ、大丈夫なんでしょー、クボタだしね!

関連記事
2015年