2015年12月01日

コントロールユニット!

只今、正月用おもちの加工作業真っ最中!

お雑煮用丸餅、お供え用鏡餅(小重)を加工するには、

この丸餅機を使います、

20151201.jpg

ノズルから一定量のお餅が出てきてカッターで切断、

切れたお餅がターンテーブルに落ちて、それを手で加工します、

この丸餅機ですが、以前までは一定時間のスピードで稼働してました、(調整ができない)

それでは一日の生産予定量になかなか追いつかない、(時間がかかる)

それとスタッフが少ない場合、機械の方が早すぎることもありました、

これまで色々と苦労してきました、

20151202.jpg

そこで問題解決として、今年、この丸餅機に電気的なコントロールユニットを付けました、

ツマミの調整によって遅くも出来るし、早くも出来ます(最大40%アップ)

生産する種類、作業時間の関係、スタッフの人数によって自由にコントロールできます、

最大のメリットは早く出来る(生産量を増やせる、作業時間の短縮)と言うことです、

最初、このコントロールユニットがうまく稼働してくれるか心配してましたが、

なんとかうまく行き、現場の方も大変助かりました、(^^)

関連記事
2015年