2016年02月25日

ロータリ、その3!

長年、使用してるとロータリのスカート部分が摩擦ですり減って穴が開いてしまいました、

以前にも補修修理したのですが、今回はかなり穴が大きい、

と、言うことで、今回はちょっと幅の広い鉄板を貼り付けることにしました、

ただ、幅が広いと補修用鉄板をそれに合わせて曲がりをつけなければいけません、

これは難しいぞ~

IMGP1342.JPG

ヒンジ、ロッドなど外してリフトを使い取り外します、

IMGP1313.JPG

外したスカート部分を裏返しにして作業します、

IMGP1315.JPG

以前、補修した鉄板がペロリと・・・・

サンダーで切り取り、表面のサビを落とします、(溶接するので)

IMGP1318.JPG

じつはロータリのスカート部分は土を起こす時の高さを制御してます、

スカートが土を引きずりながら上がると自動的に下がり、逆に下がるとロータリが上がる、

そのよう自動制御しながら田んぼを均一な深さで起こしてるのです、

これが穴で引っ掛かったりして動きが悪いと起こすときにムラになったりします、

だからとても重要なところ、

IMGP1324.JPG

寸法を測り、その鉄板をバイスで挟み、ハンマーで曲げます、

IMGP1325.JPG

何度も確認にながら曲げて合わせていきます、

IMGP1329.JPG

そしてクランプで固定して溶接します、

ただスカート側の肉厚が薄く、すぐに穴が開いてしまいます、

溶接はスポット的に溶接していきます、

IMGP1332.JPG

大事な農機具ですからね、部品も高価、

まだまだ使えそうなら工夫して部品一つでも長く使いたいものです!(^^)

IMGP1337.JPG

関連記事
2016年