2016年03月19日

冠水装置!

雨で外での田んぼ仕事ができません、(トラクター荒起こしなど)

そんな時にはハウスなどの準備をします、(雨でもできるしね)

CIMG0794.JPG

林さんちでは14棟の育苗用ビニールハウスがあります、

今日は苗に水をまく冠水装置の点検整備です、

この苗に水を補給する方法は各農家さんでいろいろな方法があります、

たとえばハウスの中に水を入れるプール育苗などあります、

これなら毎日の苗の水の散布が必要としません、

ただ、これにもいろいろと問題があり、林さんちでは普通に水を散布してます、

CIMG0798.JPG

ハウスのサイドに付いてる冠水装置のバルブ、

そしてホースでの水の散布です、

ホースだけで水まきをしてるととても時間がかかるので、冠水装置も使います、

CIMG0795.JPG

冠水装置のノズルです、ノズルが上に向いてるのはノズルの詰まりを防止するためです、

これは冠水パイプに一定の水圧がかかると排水用弁が閉じて散布します、

それが終わると弁が開き、パイプ内の水を排出します、(ゴミなども排出します)

CIMG0806.JPG

冠水用ポンプです、

水道水の水圧ではとても追いつかないのでポンプで加圧します、

水圧4キロ近くの高水圧で一気に水を供給します、

CIMG0801.JPG

画像では分かり難いですが圧のかかった水が各ノズルから扇状に散布します、

水圧が弱いと綺麗に水が広がりません、

ただ、冠水装置だけではどうしてもまきムラがおきるので、

後からホースを使いまきムラを補修します、

関連記事
2016年